福井・京都地区スキューバ・ダイビング安全対策協議会
What's New
お知らせ
DSCCとは
DSCC会則
インフォメーション
寄稿
賛助会員募集
ダイビング事業者の皆様
一般ダイバーの皆様
第八管区海上保安本部
舞鶴海上保安部
敦賀海上保安部
DSCC タイムズ
 
HOME
寄稿
  第八管区海上保安本部  /  敦賀海上保安部  /  舞鶴海上保安部
DSCCへの期待 / 第八管区海上保安本部
第八管区海上保安本部
警備救難部
救難課長

  第八管区海上保安本部は、福井県から島根県までの1府4県を管轄し、その沖合の海域を担任しています。

 海岸線の総延長は約 2,000qにも及んでおり、風光明媚な海岸線の多くは国立公園や国定公園に指定され、白砂青松の美しい砂浜とダイナミックな岩礁が織り成す変化に富んだリアス式海岸が続くなど、自然環境に恵まれたマリンレジャースポットが各所に点在していることから、地元の方々のみならず、京阪神や中京方面等の遠方からも多数のマリンレジャー愛好家が訪れ、スキューバダイビングをはじめとしたマリンレジャー活動が活発に行われています。

 その一方で、マリンレジャーに関係する事故も多数発生しており、引き続き安全で秩序ある環境造りのための周知、啓発活動を継続する必要があると考えます。

 ダイビング事故について海上保安庁の管区別に見ますと、首都圏に近い伊豆地区などを擁する第三管区や観光としてマリンレジャーが盛んな沖縄地区を担当する十一管区が群を抜いて多く、次いで第五管区、当八管区の順となっており、比較的事故の多い管区となっていることから、当庁における会員の皆様の活動に対する期待は、平成元年発足当時から変わっておりません。

 引き続き、当管区本部としても、若狭湾周辺海域における海難救助体制の充実に努めるとともに、保安部署が実施する安全講習会や合同訓練の実施を通じてDSCCの活動を支援していくこととしておりますので、当庁の業務に対し、これまでと同様ご支援とご協力をお願いします。

 今後とも、当協議会が若狭湾沿岸におけるレジャーダイビングの健全な普及に寄与され、益々発展されますことを祈念いたします。

 2010/10

 

ページTOPへ戻る