福井・京都地区スキューバ・ダイビング安全対策協議会
What's New
お知らせ
WHAT’S DSCC
DSCC会則
インフォメーション
寄稿
賛助会員募集
ダイビング事業者の皆様
一般ダイバーの皆様
第八管区海上保安本部
舞鶴海上保安部
敦賀海上保安部
DSCC タイムズ
 
img
HOMEimg
WHAT'S DSCC

設立経緯 / DSCCとは / 特徴

img

imgDSCC 設立経緯

 

■ダイビングスポットに恵まれた若狭湾で、スキューバ・ダイビング活動が
 盛んになってきたのが、昭和60年頃でした。

■交通の便が良い、京阪神・中京地区等から、多数のダイバーが
 訪れるようになりました。

■ダイビング事故、魚介類不法採取等の多発化が社会的問題と
 なってきました。

■海上における安全と治安維持を主務とする海上保安庁が、ダイビングの
 安全確保、事故発生時の即応、不法行為の防止等の体制を確立する為、
 スキューバ・ダイビング関係者に広く呼びかけました。

■第八管区海上保安部及び舞鶴・敦賀各海上保安部指導のもと、
 若狭湾沿い市町村その他関係団体等の協賛を得て、スキューバ・ダイビング
 関係者が結集して、「福井・京都地区スキューバ・ダイビング安全対策協議会(略称DSCC)」
 を平成元年3月8日に設立しました。

 

photo
 
 
ページTOPへ戻る
img

imgDSCCとは

 

■「福井・京都地区スキューバ・ダイビング対策安全対策協議会」の英文名称                                     
 「FUKUI&KYOTO DIVING SAFETY COUNTERMEASURE CONSULTATION」
 の略称から『DSCC』と称しております。

■DSCC事務局は、敦賀及び舞鶴海上保安部警備救難課救難係に置いています。

■若狭湾沿岸及び沖合海域を利用するスキューバ・ダイビング関係者、約70の団体
 又は個人の会員で構成している協議会です。

■協議会会員は、地元福井県・京都府以外に兵庫県・大阪府・愛知県・岐阜県
 にも所在してます。

■賛助会員に「関西電力且瘠キ支社」及び「日本原子力発電鞄ヨ賀発電所」が、
 また顧問に「敦賀海上保安部部長」並びに若狭湾沿い市町村長の外、
 関係事業所等の協賛を得ております。

■年間事業計画に基づいて、関係の海上保安部・保安署の指導・協力のもと、
 「主要海浜(主に海底)の清掃奉仕」、「各種訓練・会議への参加」、
 「ダイビングスポットのパトロール」、「DSCCタイムスの発行」等を行ってます。

■これらの活動を通じて、事故の未然防止、緊急時の即応体制を図るとともに、
 ダイビングマナーの向上及び、安全で秩序ある海洋レクリエーションの普及と発展に、
 寄与することを目的としています。

 

photo
 
 
ページTOPへ戻る

 



img

imgDSCCの特徴

 

■ 年間事業計画に基づく活動を活発に行っている有数の団体です。

■ 毎年、舞鶴市、敦賀市、高浜町の主要海域で、関係保安部・保安署の
  指導・協力を得て、海浜・海底清掃奉仕作業を行ってます。

■ 保安部・署の巡視船・艇と合同で。定期的にダイビングスポットの
  パトロールを実施し、安全潜水等を呼びかけてます。

■ 京都府及び福井県水難救済会とも連携し、各救難所運営への参加・参画
  並びに訓練等にも参加してます。

■ 全国で11のこの種の協議会の内で、専任事務局職員を置いている唯一の団体です。

■ 会員のダイビング事故に対し、会員相互の救助活動体制「自救対策活動方針」を
  定めて、万一の事態発生に備えております。

■ 「京都府及び福井県水難救済会の各救難所」、「関西潜水連盟」等の団体と、相互に連絡調整を行い 活動を行ってます。

■ DSCC設立以来、事業拡充等のための「特別基金」を有してます。

 

photo
 
 
ページTOPへ戻る

 

 



 
imgimg